県民共済・福岡の口コミレビュー:福岡県民共済に決定!保険の見直し

今年、42歳になる私は、医療保険、終身保険などの見直しをしました。

一応、県民共済・福岡がダントツかな~!という印象でした。

わたしは福岡県在住なので、県民共済に入りました。

月額で、最低2000円の掛け金は、掛け捨てでもお得です。

県民共済・福岡の口コミレビュー:福岡県民共済に決定!保険の見直し

県民共済・福岡の口コミレビュー:福岡県民共済に決定!保険の見直し
県民共済・福岡の口コミレビュー:福岡県民共済に決定!保険の見直し

ある日、なんとなしに新聞を眺めていたら、折り込み広告に、県民共済のチラシが入っていました。

掛け捨て保険は、もったいないとばかり思っていたけど、案外そうでもない。

年齢が上がるにつれ、月々の保険払込金が高くなるので、40歳を越えた私は、焦っていた。早く保険に入らなきゃ!決めなきゃ!!と思っていたところに、このチラシ。

なんというグッドタイミング!

県民共済・福岡・大人(18歳~64歳)が加入できる総合保障保険

県民共済・福岡の口コミレビュー:福岡県民共済に決定!保険の見直し
県民共済・福岡の折り込みチラシ「総合保障」

総合保障4型、総合保障2型+入院保障2型も、月4000円の掛け捨ては同じなのだが、補償内容が微妙に異なる。

入院保障型は、入院した場合の保険カバーが厚い。

県民共済・福岡・総合保障保険に対応する特約コース

県民共済・福岡の口コミレビュー:福岡県民共済に決定!保険の見直し
県民共済・福岡の折り込みチラシ「特約コース」

近年、だれもかれも、ガンや脳卒中で倒れることが多々ある。

うちの母親も最近、心筋梗塞で倒れた。近所のオジサンも、心筋梗塞やガン。うちの父親は昔、ガンで亡くなった。

かくいう私も、ガンは怖い!血圧高い血筋な上に、ガンも遺伝が怖い。

特約は付けておいて間違いないだろう。

県民共済・福岡のこども1型は月1000円

県民共済・福岡の口コミレビュー:福岡県民共済に決定!保険の見直し
県民共済・福岡の折り込みチラシ「こども1型」

月々の掛け金が1000円とお手頃な『こども1型』。掛け金2000円は、『こども2型』といって、保障金額も倍額になります。

一番下の『第三者への損害賠償』では、世話してくれた県民共済の販売員Aさんの話だと、子供が誤って壊した、お友達の水筒、おばあちゃん宅のテレビなども保障してくれるらしい。

県民共済・福岡は、割戻金が年20%以上戻ってくる!

県民共済・福岡の口コミレビュー:福岡県民共済に決定!保険の見直し
県民共済・福岡の折り込みチラシ「割戻金」

こども1型を1年掛けるとして、
1,000円×12カ月=12,000円
年間20%として、2400円は戻ってくる計算になる。

大人、 総合保障2型+入院保障2型で、月4000円。 4,000円×12カ月=48,000円
年間30%として、14,400円戻ってくる計算になる。

県民共済・福岡保険払い込み金をシュミレーションしてみると

息子7歳が満17歳まで『こども1型』に掛けるとして、
12,000円×10年=120000円
120000円の20%で計算しても、24,000円は戻ってくる計算になる。
割戻金を引いたら、10年間で、保険料に96,000円払うことになる。
娘2歳6ヵ月が満17歳まで『こども1型』に掛けるとして、
12,000円×14年=168,000円
1000円×6カ月=6,000円
合計、174,000円
174,000円の20%で計算しても、34800円戻ってくる計算。
割戻金を引いたら、14年6カ月で、保険料に139,200円払うことになる。
私42歳が満64歳まで『総合保障2型+入院保障2型』に掛けるとして、
1年で、4,000円×12カ月=48,000円
22年で、48000円×22年=1,056,000円
1,056,000円の30%で計算すると、316,800円戻ってくる計算。
割戻金を引いたら、22年間で、保険料に739,200円払うことになる。

県民共済・福岡で気になること

この『総合保障2型+入院保障2型』は、終身ではなく、65歳になったら、自動的に『熟年2型・熟年入院2型』に継続される。

4000円の掛け金は同じ。しかも、死亡保障は、一段と下がる。

 

『熟年2型・熟年入院2型』は満65歳~満69歳であれば、誰でも加入できるし、2型の掛け金は4000円。

1型は保障金額が半額になって、掛け金も半額。

県民共済・福岡の口コミレビュー:福岡県民共済に決定!保険の見直し:まとめ

こども1型は、掛け金1000円の県民共済がダントツお得だと思うが、大人の保険はどうだろう...。

契約してみたものの、未だ模索中。

年金がもらえるか、もらえないか、不安な年代でもある42歳。65歳過ぎても、掛け金4000円をかけていけるだけの経済的余裕はあるのかどうか。それまでに、なんとか退職金積み立てなど、いろんなところで、貯蓄、投資などしておかねばならないだろう。