無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式8色がやっぱり書きやすい!

以前から使っている無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式の全色買いしました!

いろんなメーカーのゲルインキボールペンを試してみましたが、これが一番楽です。

 

ペンを選ぶ際に気になる

  • 書き心地
  • 発色
  • グリップ感

などを、検証してみました。

この記事を読むとわかること:
無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式の書き心地、発色、グリップ感などペンを選ぶ際に気になるポイントを細かく調べてみました

無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式

今回購入したのは、こちら⇩

無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式 8本です。

無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式
無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式:8色

無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式 90円

無印のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式8色がやっぱり書きやすい!
無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式・詰め替えもあります
無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式
無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式・カラーバリエーション

カラーバリエーションは、赤、黒、オレンジ、青、ピンク、緑、そらいろ、黄緑、ブルーブラックの9色です。

詰め替えもあり1本60円で販売されています。

以前、黒を買ったことがあり、あまりに使い心地が良いので、何本も増やしました。

 無印のゲルインキボールペン・キャップ式・0.38mm・黒はにじみにくいし、細くて、らくらく書ける!

ゲルインキボールペン キャップ式のカラーバリエーション

無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式
無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式・カラーバリエーション

細さは0.38mmなので、かなり細かい部分まで書き込めます。

見た目は、無印良品らしくとってもシンプル。

ゲルインキボールペンで試し書き

さっそく、発色と書き心地を調べるために、試し書き。

ひらがな・漢字で試した後、クルクルしてみました。

まず4色で試した。黄緑、緑、オレンジ、ピンク。

そして、残りの4色。赤、そらいろ、青、ブルーブラック。

ゲルインキボールペンの試し書き・全体

無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式
無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式・試し書き全体

字が下手で失礼します・・・。

なるべく丁寧に書いてみましたが、こんな感じになっちゃった。

 

書き心地

スルスルとインクが出てくるので、すごく書きやすいです。

 

書いたすぐに触ったりすると、さすがににじむので、書いたすぐ後はしばらく放置しています。

すぐに乾燥するので、にじむ心配もありません。

発色について

ブルーブラックは、私の目が悪いのか、黒っぽく見えてしまいます。

限りなく黒に近いです。画面により、明暗も違うと思います。

 

発色はきれいです。ブルーブラック以外は分かりやすいです。

グリップ感

他のメーカーは、指が当たる部分に柔らかいゴム製の部品を使っていますが、見たとおり無印良品はそういうグリップ感を向上させるための工夫はされていません。

グリップ感はないですが、素材がすべりにくい感じになっているので、手になじみやすいです。

無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式のまとめ

無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式
無印良品のゲルインキボールペン0.38mmキャップ式

以前買った黒は、何本もリピしていますが、赤、青などのメインカラー以外は試したことがなかったので、今回は全色買いしてみました。

 

オレンジや黄緑はあまり使わなそうな気もしますが、少し前に流行った『づんの家計簿』の影響で、無印良品のバインダー、文房具を使った家計簿をつけている方もいるでしょう。

私も、一時期、づんさんの家計簿をまねてバインダーを購入して家計簿付けたりしましたが、まったく続きませんでした!(苦笑

せいぜい、1,2ヶ月が限度でした。

家計簿などをつける場合は、全色そろっていた方が色を変えて記入できるので、項目が分かりやすいですね。

 

私は、無印良品のスケジュール帳を愛用しているので、そちらに使っています。

 

無印良品ゲルインキペンキャップ式は全9色あり、家計簿やスケジュール帳などで、色を使い分けて項目が分かりやすく、記入することができます。8色で試し書きをしてみました。

無印良品の文具