無印良品の手動式鉛筆削り(小)は子供でも安心して使えます!

2019年6月の無印良品週間で、無印良品で、手動式鉛筆削り(小)を購入していました。

今年小学1年生になった息子(7歳)用に買ったので、彼の手のサイズに合わせて、小さいサイズを購入しましたが、使いやすくて、子供でも一人で使えて便利でした。

このページでは、無印良品の手動式鉛筆削り(小)の感想や使い心地をレポートします。

参考無印良品でお得にお買い物したい方はこちら⇒ 無印カードは年会費無料
この記事を読むと分かること:
無印良品の手動式鉛筆削り(小)の感想や使い心地がわかります。子供が使った時の使用感もレポート!

無印良品:手動式鉛筆削り 小・約W55×H103×D106mm

今回購入した手動式鉛筆削りは、小サイズで590円をとても良心的なお値段。

手動式鉛筆削り 小・約W55×H103×D106mm 590円(消費税込)

無印良品の手動式鉛筆削り(小)
無印良品の手動式鉛筆削り(小)
原産国・地域中国
外寸約幅55×高さ103×奥行106mm
公式サイトのレビュー評価

シンプルな見た目で、使いやすそうな感じ。全体の部品はプラスチック製なので、強度が少し心配ですが、落としたりしなければ割れたりすることもないかと思います。(小学生と小さい子供がいるので、うちはとっても心配ですが)

無印良品:手動式鉛筆削り 大・約W71×H129×D121mm

大サイズは、税込み990円です。

 

手動式鉛筆削りを後ろから見たところ・横から見たところ

ハンドル部分が、子供の手のサイズにマッチしていて、小学生には良いサイズ。大人の私(154㎝の女性)では、少し小さい気がしますが、スムーズにクルクル回せます。

手動式鉛筆削りを上から見たところ

上の部分に、ノブのような物があります。左側に押すと、鉛筆削りの差込口が開いて、鉛筆が挿入できるようになっています。

押してない時は、鉛筆は挿入できない作りになっています。

鉛筆削りの削りカスが入るところ

小学生の息子も、簡単に削りカスを、自分で取り出せています。

無印良品の手動式鉛筆削り(小)
無印良品の手動式鉛筆削り(小):削りカスが入るところ

前方部分を引っ張ると出てくる

前方部分を引っ張ると出てきますが、これは鉛筆をセットした状態で、クルクル回すと、自動的に削れていく仕様になっています。

普通の鉛筆削りは、鉛筆削りの方に圧力を与えつつ、クルクル回さなければいけませんが、この前方部分が鉛筆を押さえてホールドしてくれているので、圧力を与える必要はありません。

便利な仕様ですね!

無印良品の手動式鉛筆削り(小)
広げてみる

手動式鉛筆削りの説明書

こんなに丁寧な説明書が付いてきました。無印良品ならではですね。

無印良品の手動式鉛筆削り(小)
無印良品の手動式鉛筆削り(小):取り扱い説明書

鉛筆削りを実際に使ってみたところ

無印良品手動式鉛筆削り(小)の感想:まとめ

 

無印良品の手動式鉛筆削り(小)は小学生の息子(7歳)も簡単に一人で使えるし、指を怪我したり危なくないデザインのなっているので、安心して、子供に使ってもらえます。

圧力をかけなくても、クルクル回すだけで鉛筆が削れるのが便利です。

無印良品の文具