トイレトレーニングのやり方徹底解説!2歳(女の子)の場合・2児育てたママの秘訣

2019年7月17日、娘2歳7ヶ月のトイレトレーニングを始めました。

おにいちゃん(今7歳)が使っていたトイレトレーニングパンツ(男の子用だけど)で、突然、思い付きで、トイレトレーニング開始。

基本、お風呂に入る6時、7時以降は、おむつに変更します。夜は、おむつで寝ています。

このページには、二人育児していて、お兄ちゃんの時と、娘の時、トイレトレーニングで経験したこと思ったことを含めつつ、体験談を書いています。
申し訳ないですが、トイレトレーニングの記事なので、お食事中の方は、読まない方が良いです。排泄関係の直接的な表現を使っていますので、不快な方は読まないで下さい。ご了承した方のみ、閲覧よろしくお願いします。

トイレトレーニング(2歳女の子)のやり方

トイレトレーニングのやり方徹底解説!2歳(女の子)の場合・2児育てたママの秘訣
トイレトレーニング2歳(女の子)の場合

押し入れに入れっぱなしにして、ずっと存在さえ忘れていた、息子(今8歳)が使っていたトイレトレーニングパンツ(略してトレパン、男の子用)を見つけた。

娘もトレパンに興味があるようで、消防車、車、クマの絵がついたトレパンを履きたいようだったので、突然だけど、娘2歳7ヶ月のトイレトレーニングを始めてみた。

トレパンに興味を持ったのは、こどもちゃれんじぽけっとの7月号で、しまじろうがトイレトレーニングしている本を読んでいるせい。

トイレトレーニング(2歳)のメリット・デメリット

遅かれ早かれ、トイレトレーニングはしなければいけません。

基本、その子のペースに合わせるのが一番良いとは思います。

トイレトレーニングのメリット・デメリットを挙げてみました。

よいところ

  • 早めに保育園・幼稚園に入れる(その保育園・幼稚園ではおむつが取れているのが、前提)
  • おむつ代がかからない
  • おむつのゴミが減る

よくないところ

  • 手間がかかる(洗濯・掃除)
  • 時間がかかる
  • トイレトレーニンググッズを揃えなければいけない(経済的な面で負担がかかる)
  • 外出時の失敗が不安

トイレトレーニング開始のサイン

その子に合ったタイミングでトイレトレーニングを始めるのが良いです。

タイミング(サイン)というのは、

  • 自分でおしっこ、うんちのタイミングを言える
  • おむつ着用中のおしっこ、うんこの不快感を訴える
  • 長期間、おしっこが出ていない時がある(2,3時間の間隔であれば、トイレトレーニング開始しても良いかも)
  • 本人が、『自分でやりたい、他の人の真似をしたい』気持ちや興味がある

⇧上記のサインのうち、どれかのサインが出ていれば、トイレトレーニングを開始してみても良いかもしれません。

  • 娘(当時2歳7ヶ月)の場合、『こどもちゃれんじ』でトイレトレーニングの本やおもちゃに触れたことで、興味が湧いてきたようで、『自分でやりたい』という気持ちが芽生えてきたようでした。他のサインは出ていませんでした。
関連記事

2019年7月号は、『はなちゃんおせわセット』と『しまじろうとトイレトレーニング』でした。娘2歳のために、こどもちゃれんじ・ぽけっとを購読しています。こどもちゃれんじは、小さい子供に、生活習慣を教えるのに、役立つテーマをいつ[…]

こどもちゃれんじぽけっと7月号は、はなちゃんおせわセットとしまじろうトイレトレーニング
  • 息子(当時2歳2ヶ月)の場合は、『長期間、おしっこが出ていない時があった』ので、トイレトレーニングを始めてみるか、と気軽に始めてみました。

注意点

トイレトレーニングのタイミングは、よく本人の様子を観察してから、始めて下さい。

膀胱(ぼうこう)の成長について

トイレトレーニングのサインのうち、『長時間、おしっこが出てない時がある』というのは、おしっこが出る間隔が一定になってきているという証拠です。

膀胱(ぼうこう、おしっこの出る器官)の成長(出す、出さないのコントロールができるようになった)のサインということです。

特に『膀胱の成長』については、個人差、男女差があります。

そういった理由から、親や周囲の大人が早くトイレトレーニングをしたいからといって、本人の体の成長を無視して、トイレトレーニングを進めることはできません。

怒らないで

失敗しても怒らないであげて下さい。

私もこの点については、良い見本では全くないです。

失敗して、つい怒ってしまったり、大きな声を上げてしまったりしましたが、本人は、一生懸命に言われていることをしようと努力しているのに、つい失敗してしまって、怒られてしまう。

まだ、小さいんだから、失敗して当たり前。

掃除や片付けも一緒にやって、手伝わせるようにすれば、親の手間も少しは省けるようになります。

教育の一環として、トイレトレーニングできたらいいと思います。

おうちルール

  • トイレトレーニング中の長時間の外出は避ける
  • 一度始めたトイレトレーニングを途中で止めない
  • 失敗しても怒らない
  • 成功した時は、めちゃくちゃ褒める
  • 成功例を見せる(お兄ちゃん、私がトイレをしている時を見せる)
  • なるべく何でも自分でさせる

「成功例を見せる」のには、抵抗がある方もいるとは思いますが、実際にどんなふうにするのかを見せた方が、分かりやすいと思います。

そして、できない時は手助けするけど、最初から全部はやってあげない。

掃除や片付けも手順を教えてやり、自分で片づけられるように教える。

 

自分の中の取り決めとして、娘が混乱しないように、トイレトレーニングに集中できる環境作りをしていました。

長期間の外出は避ける

トイレトレーニングのやり方徹底解説!2歳(女の子)の場合・2児育てたママの秘訣
トイレトレーニング2歳(女の子)の場合:折りたたみ式便座

トイレトレーニング中は、なるべく長時間(2時間以上)の外出を避けるのが良いです。

おしっこ、うんちのタイミングにもよりますが、2時間以上の外出はトイレトレーニング中だと、トイレの有無、トイレの位置を確認しておかねばなりません。

子どもの着替え一式、携帯トイレを常に持ち歩く必要があります。

親や保護者の負担になるので、避けた方が無難です。

 

どうしても外出しなければならない場合は、トイレの有無、場所を確認してから、「おしっこ出る、うんち出る」と言われても、すぐに駆け込める距離に常にいる必要があります。

そうでなければ、携帯トイレを持参するのも良いと思います。

 

私は専業主婦なので、トイレトレーニングを家でゆっくりできましたが、働いている、外出しなければいけないなどの理由で、家でゆっくりトイレトレーニングできない時もあるかもしれません。

私は、どうしても外出しなければいけない時、折り畳み式のトイレを持参していました。

折り畳み式のトイレを含め、子どもの着替え一式を持ち歩くのは、大変です。

トイレグッズ以外にも、水筒、おやつ、おむつグッズなど子供のお世話セットもあるので、大きな荷物になってしまいます。

そこまでしても、子どもがトイレ失敗してしまうこともあるので、イライラしてしまいます。

イライラしないためには(親の精神安定上)、家でゆっくりトイレトレーニングする方が良いです。

 

こちらのトイレットシートは持ち運びができるので、外出先でも家でも使えます。

そして、開閉式なので、場所を取らないので便利!

お兄ちゃんの時から使っているので、耐久性も抜群です。

途中で止めると混乱するかも

同居の実母には「(パンツや床が濡れて、洗濯も掃除も)面倒だからおむつにしたら?」と何度か言われました。

でも、一度始めたものを途中でやめてしまうと、それまで頑張ってきた経過や努力も無駄になってしまうと思い、そのまま継続しました。

途中でやめてしまうと、本人もせっかくおしっこやうんちをトイレでするというルールを覚え、一連の動作(おしっこしたくなったら、トイレに行って、パンツ脱いで、簡易便座を置いて、脚立で便座に座る)も慣れてきたのに、もったいない気もしました。

途中でやめるということは、本人を混乱させてしまうだけだと思いました。

使用したトイレットトレーニンググッズ

トイレトレーニングのやり方徹底解説!2歳(女の子)の場合・2児育てたママの秘訣
トイレトレーニング2歳(女の子)の場合:折りたたみ式脚立

お兄ちゃんの使い古しのトイレットトレーニンググッズを使用しました。新しく購入した物はありませんでした。

トイレトレーニンググッズは、自分で使いたい時に使えるように、常時トイレに置いておきました。

  • 折り畳み式便座
  • 子供用脚立
  • おむつ(ジップロックに入れておく)
  • トレーニングパンツ(ジップロックに入れておく)
  • おしりふき用使い捨てワイプ(トイレに流せるタイプ)

トイレトレーニングのやり方(2歳女の子の場合)のまとめ

この記事で紹介したトイレトレーニングのやり方を実践して、娘の2歳女の子のトイレトレーニングが完了しました。

そのトイレトレーニング実践レポートを、前半後半に書いています。