月刊幼児ポピーの口コミ・評判を徹底比較!うちの子どもに合うの?

幼児通信教育の中でも低料金とシンプルさが魅力の「月刊ポピー」。

40年以上も多くの家庭で購読されてきた実績のある通信教材です。

最近では、タブレット端末で学ぶこともできるようになり、さらに楽しく学習できるようになりました。

ポピーを受講しようと考えた時に気になるのが、その教材が子どもに合うのかどうなのか?続けられるのか?ですよね。

せっかく受講しても失敗したら意味がありません。

  • 子どもの性格に合わなかったり
  • 続かなかったり
  • 内容が簡単すぎたり
  • 受講費が高額で続けられない

そこで、幼児ポピーを実際に受講している方のリアルな口コミを集めてみました。

月刊幼児ポピーの口コミと評判

幼児ポピーを受講している人の口コミ・評判を紹介します。

月刊ポピーは、幼児が毎月取り組みやすい量の教材が届きます。

無理なく学習を少しずつ続けるなら、教材の量を気にした方がよいでしょう。

毎日少しずつ継続して学習することで、少しずつ知識を蓄え、できることが増えていきます。

ここで月刊幼児ポピーのおさらい!どんな通信教育なの?

月刊幼児ポピーがどんな通信教育なのか、少しおさらいしてみますね。

  • 付録なしのシンプルな教材
  • 適度なボリューム
  • 月額980円でお手頃価格

おもちゃなしのシンプルな教材

こどもちゃれんじは、本やワークブックの他にも「エデュトイ」と呼ばれるおもちゃが毎月ついてきます。

月ごとに本やワークブックに合った内容の「エデュトイ」が届くため、一緒に遊ぶことで相乗効果が得られます。

月刊ポピーは、紙の教材がメインなので、おもちゃがつきません。

毎月おもちゃがつかないため、毎月の会費が手頃で、長期的に続けやすい料金になっています。

適度なボリューム

ボリュームが比較的に少ないと感じる保護者も多いようです。

毎月の会費が手頃なので、仕方ないのかもしれませんが、中には「3日で終わった」という人も。

ただし少ないボリュームでも、子どもがかなり集中して取り組むので、早めに終わるということもあるようです。

こういった通信教育で大事なのは、子どもが好きか嫌いか、続けられるかどうかなので、集中して取り組める教材の内容なのは、とても重要なポイントです。

月刊幼児ポピーは月額980円でお手頃価格

幼児通信教材対象年齢料金(税込)
月刊幼児ポピー
2歳~年長980円
がんばる舎2歳~年長800円
こどもちゃれんじ0歳~年長1,729円

月刊幼児ポピーは月額980円なので、他の通信教育と比べてお手頃価格です。

毎月購読するとなると、長期的な金額が気になってきますが、月額980円なら雑誌1冊買うのを我慢するくらいです。

月刊幼児ポピーの料金

対象学年・年齢料金(税込)
ももちゃん(2〜3歳)980円
きいどり(年少/3〜4歳)980円
あかどり(年中/4〜5歳)1,100円
あおどり(年長/5〜6歳)1,100円

幼児はおおまかに1,000円くらいで始めることができます。

毎月、「ベビーブック」「めばえ」などの月刊幼児雑誌を購入すると900円くらいにはなります。

月々雑誌を購入する代わりに、月刊ポピーの購読を検討してみてもいいかもしれませんね。

月刊幼児ポピーの口コミ・評判のまとめ

月刊幼児ポピーの口コミ・評判をまとめてみました。

幼児用通信教育って、子どもに合うかどうか、継続できるかどうか、心配になりますよね。

実際に手にして、子どもに見せて触らせないとわからないことがあります。

わたしも幼児通信教育で迷ったら、まずお試ししてみてから、実際に体験してみています。

 

試すだけならいつでも無料でできるので、迷ったらぜひお試しでやってみるのがおすすめ。

>> 無料で「月刊幼児ポピー」をお試ししてみる