オールインワンジェルのデメリットとは?自分に合ったオールインワンジェルの選び方

オールインワンのデメリットとは?自分に合ったオールインワンの選び方

1つで何役もこなすのでスキンケアの時間が短縮され時短になる、何品も購入する必要がないので経済的に節約にもなることで注目されているオールインワンジェル。

最近では色々な会社から発売されていて種類もたくさんあるので気になっている方も多いのではないかと思います。

でも、オールインワンジェルについてあまり細かく分からなかったり、デメリットもあるのでは?と心配な方もきっといるのではないでしょうか?

そこで、オールインワンジェルのメリットとデメリット、オールインワンジェルの選び方のポイントなどをご紹介していきます。

オールインワンジェルのデメリット

【 オールインワンジェルのデメリット 】

  1. 保湿が足りないときがある
  2. ポロポロが出るときがある
  3. 効果が表れにくい
  4. 自分の肌に合わせて調節できない
  5. べたつきや膜が張った感覚がある
  6. 防腐剤が入っている

では、気になるオールインワンジェルのデメリットを細かく解説していきます。

オールインワンジェルのデメリット① 保湿が足りないときがある

オールインワンジェルは1つでスキンケアが済んでしまうのでとても楽なアイテム。

ですが、普通なら化粧水で水分を与え、美容液で肌に必要な栄養分を、乳液・クリームで蓋をする。

というようにそれぞれに別の役割があるところを1つで済ませてしまうとやはり物足りなさを感じる方もいるようです。

オールインワンジェルのデメリット② ポロポロが出るときがある

これはオールインワンジェルを使用したことがない方にとっては一体何のこと?という感じではないでしょうか。

オールインワンジェルを塗ると、ポロポロと消しカスのようなものが出てくる人もいるそうです。

このポロポロ出てくるのが嫌でオールインワンジェルの使用を辞めてしまったという方も結構いるそうです。

もちろん全てのオールインワンジェルがこの現象が起きるわけではないですが、比較的塗ったときにサラっする感覚の商品に多いそうです。

オールインワンジェルのデメリット③ 効果が表れにくい

これは普通なら化粧水や美容液、クリームなどでそれぞれ栄養分を入れていきますよね。

それがオールインワンジェルの場合は1つで完了になるので、やはりそれぞれの役割でしっかり栄養分を肌に与えるより効果は感じづらくなってしまいます。

オールインワンジェルのデメリット④: 自分の肌に合わせて調節できない

自分の肌に合わせて調節できないことです。

その日によって肌の乾燥具合や荒れ具合は変わるので通常のスキンケアでは調節は可能です。

しかしオールインワンジェルだと期待できる効果が決まっているので肌悩みが多数ある人には向きません。

オールインワンジェルのデメリット⑤: べたつきや膜が張った感覚がある

オールインワンジェルはべたつきや膜が張った感覚があるということです。

べたつきを感じるオールインワンジェルは少なくなってきましたがテクスチャが苦手な人には向きません。

オールインワンジェルのデメリット⑥: 防腐剤が入っている

オールインワンジェルは防腐剤などが入っていることが多いです。

特にジャータイプの容器のものは防腐剤が入っているものが多く、その防腐剤の分量も多いことがあります。

オールインワンジェルのメリット

【 >オールインワンジェルのメリット 】

  1. スキンケアが時短になる・楽になる
  2. コスパがいい
  3. 肌に刺激が少ない

それではオールインワンジェルのメリットを紹介します。

オールインワンジェルのメリット ① スキンケアが時短になる・楽になる

オールインワンジェルとは、化粧水・乳液・美容液・クリームの4役をこなす化粧品。

スキンケアに必要な4ステップが1つにまとまっているので時短になります。

忙しい朝や疲れた夜、育児などで手が空かない時は1つで簡単にスキンケアが終了してくれます。

いつもたくさん重ね塗りしていたものが1つで済むなんて、とても簡単で嬉しいですよね。

オールインワンジェルのメリット② コスパがいい

オールインワンジェルのメリットといえば、やはり1つで何役も担ってくれるのでお財布に優しいことです。

普通のスキンケアだと、アイテムごとに何種類も揃えて…そうしていると、全部合わせると結構な金額になっていたりします。

でもオールインワンジェルなら1つ購入すれば終わりで数千円で納めることができるので、かなりコスパがいいです!

オールインワンジェルのメリット③ 肌に刺激が少ない・摩擦が少ない

オールインワンジェルは、4つのスキンケアの工程が1つで済みます。

という事は、肌に塗る回数も1回でいいので、普通のスキンケアをするよりも肌への摩擦が圧倒的に少ないです。

肌は擦りすぎると刺激になって肌トラブルの元になってしまう可能性もあるので、摩擦が少なく済むのは肌にとってとても良いことですね。

何度も化粧品を肌に塗ることで肌に摩擦を与えてしまいせっかくケアをしているのに意味がありません。

その点洗顔が終われば1つで完結するので肌を何度も擦る心配はありません。

オールインワンジェルに向いてるのはどんな人?

オールインワンジェルの使用が向いてる人はどんな人なのでしょうか?

オールインワンジェルは肌トラブルがある人にはあまり向いてません。

何らかの肌トラブルやどうにかしたい肌悩みがある方は、それに合わせた化粧品でしっかりケアしてあげるのがおすすめです。

特に肌トラブル等はなく、面倒なことは続かないという方や化粧品代を節約したいという方はオールインワンジェルの使用が向いています。

スキンケアが面倒で出来ない方は1つで済むオールインワンジェルならスキンケアが出来るようになるのでとてもおすすめです。

オールインワンジェルのメリット・デメリットのまとめ

オールインワンジェルのメリット・デメリットなどについてご紹介しました。

オールインワンジェルは1つで化粧水・乳液・美容液・クリームの4つの役割のあるアイテム。

肌トラブルのある方やどうにかしたい肌悩みがある方などには向きませんが、スキンケアはめんどくさくてなかなか毎日出来ない方や、経済的に節約したい方、肌への摩擦を減らしたい方などにはおすすめのアイテムです。

最近は色々な会社から発売されていますね。

保湿に特化したもの、敏感肌向けの優しい成分のものなど、本当にいろんなオールインワンジェル商品が出てるので、どんなものが自分に合うのか探してみるのも楽しいかもしれませんね。

ぜひ参考にしてみてください。

 

オールインワンジェルおすすめランキングはこちら⇩