からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!

NO IMAGE

この記事ではからだ楽痩茶の成分について紹介します。

からだ楽痩茶は桑の葉、ギムネマ、桑葉エキス末、バナバ葉、菊芋、プーアル茶、グァバ葉、柿の葉の8種類の植物成分を含んでいます。

からだ楽痩茶は、糖質が気になる方におすすめのダイエットサポートしてくれるお茶です。

からだ楽痩茶は初回限定980円税・送料込でお試しできます♪

からだ楽痩茶に含まれる植物成分について徹底解説していくので、からだ楽痩茶の痩せるダイエットサポート成分を知りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

\暴飲暴食がやめられない方へ/
からだ楽痩茶からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!
送料無料

からだ楽痩茶の8つの植物成分を徹底解説

【 からだ楽痩茶に含まれる8つの植物成分 】

  1. 桑の葉
  2. ギムネマ
  3. 桑葉エキス末
  4. バナバ葉
  5. 菊芋
  6. プーアル茶
  7. グァバ葉
  8. 柿の葉

からだ楽痩茶に含まれる植物成分は8つあります。

植物成分ひとつずつについて、詳しく解説していきます。

あくまで植物成分に関する詳細なので、からだ楽痩茶にこれらの効能や効果があるという保障ではありません。

からだ楽痩茶に含まれる成分8つをそれぞれ詳しく紹介していきます。

からだ楽痩茶の植物成分①:桑の葉

からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!
最初に紹介するからだ楽痩茶に含まれる植物成分は、桑の葉です。

桑の葉は、糖の消化酵素に対し強い阻害活性があり、食後の血糖値上昇を改善してくれると注目を浴びています。

食後の急激な血糖値の上昇によって、さまざまな生活習慣病の危険因子になることがわかっています。

桑の葉は、食事の後に、飲むと血糖値を抑える働きがあるので、古くから食事療法の一環として愛飲されています。

またカリウムやマグネシウムなどのミネラルや食物繊維も豊富で、脂質抑制、お通じにも効果が期待できます。

からだ楽痩茶の植物成分②:ギムネマ

からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!
2つ目のからだ楽痩茶に含まれる植物成分はギムネマです。

ギムネマは、インド原産のハーブの一種で、葉を噛むと甘みを感じにくくさせる作用があると言われています。

血糖値の上昇や脂肪の蓄積を抑制する効果が期待できるため、ダイエットサポートのハーブティーやサプリメントに利用されています。

インドの伝統医学のアーユルヴェーダでは、2000年以上も前から、肥満防止、健胃、利尿作用、強壮作用がある薬草として親しまれてきました。

さらにギムネマは小腸の糖吸収を抑制する働きがあるとも言われ、健康食品素材として用いられています。

からだ楽痩茶の植物成分③:桑葉エキス末

からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!
3つ目に紹介するからだ楽痩茶に含まれる植物成分は、桑葉エキス末です。

桑葉エキス末は、生薬として桑葉(そうよう)として知られ、昔から咳を鎮めたり、解熱、滋養強壮などに利用されてきました。

粉末は、中風予防や便秘改善、肝機能の強化などに効果があると言われています。

からだ楽痩茶の植物成分④:バナバ葉

からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!
4つ目のからだ楽痩茶に含まれる植物成分は、バナバ葉です。

バナバ葉は、フィリピンでよく見られるミゾハギ科サルスベリ属の植物です。

コロリン酸や亜鉛を豊富に含んでおり、血糖値を下げる、活性酸素を除去、便秘解消などの効果が期待できます。

またカルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルや食物繊維も豊富です。

ミネラルは人間の体内に欠かせない成分で、不足することで骨粗しょう症、肌荒れ、貧血、肥満、睡眠阻害、疲労などに陥ることがあります。

からだ楽痩茶の植物成分⑤:菊芋

からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!
5つ目に紹介するからだ楽痩茶に含まれる植物成分は、菊芋です。

菊芋は、北アメリカ原産のキク科ヒマワリ属の多年生植物です。

日本には江戸時代末期から家畜の肥料として輸入されたり、第二次世界大戦でも食用として持ち込まれるようになりました。

菊芋にはイヌリンという水溶性食物繊維が豊富に含まれ、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる成分です。

イヌリンはお腹が空きにくくなったり、血糖値の上昇を抑制するという効果から、ダイエットサポートとして用いられています。

からだ楽痩茶の植物成分⑥:プーアル茶

からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!
6つ目のからだ楽痩茶に含まれる植物成分は、プーアル茶です。

プーアル茶は、ポリフェノール、タンニン、茶カテキンなどを含む抗酸化作用のある成分を含んでいます。

抗酸化作用がある成分は、老化を防ぎ、若々しい体を保つなどの効果が期待されています。

さらにプーアル茶で期待されるのは便秘改善、胃調整などの効果です。

プーアル茶に含まれるリパーゼ酵素の働きで、脂肪を溶かし消化吸収を良くしてくれると言われています。

からだ楽痩茶の植物成分⑦:グァバ葉

からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!
7つ目に紹介するからだ楽痩茶に含まれる植物成分は、グァバ葉です。

グァバ葉は、強い抗酸化作用を持つビタミンC、ビタミンE、ミネラル、カリウムなどの営巣成分を豊富に含んでいます。

葉に含まれるポリフェノールはダイエットや生活習慣病などの予防に期待ができると注目を集めています。

グァバ葉に含まれる抗酸化作用により、病気や老化、肌トラブルが予防されるとして、いろいろなダイエットサポート食品に用いられています。

からだ楽痩茶の植物成分⑧:柿の葉

からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!
最後に紹介するからだ楽痩茶に含まれる植物成分は、柿の葉です。

柿の葉は、レモンの20倍ものビタミンCが含まれると言われています。

栄養価が高く、美容や健康に良いとされ、古くから愛飲されているお茶です。

含まれるビタミンCはレモンの20倍、緑茶の30倍と言われており、シミやニキビ、風邪予防にも期待できます。

一般的にビタミンCは加熱すると壊れてしまうと言われますが、柿の葉はお湯で淹れても問題ありません。

柿の葉は、熱に強いプロビタミンCを含んでおり、お湯を注いでも効果が薄れる心配はありません。

からだ楽痩茶の成分についてまとめ

からだ楽痩茶の成分について徹底解説しました。

【 この記事のまとめ 】

  • からだ楽痩茶はダイエットサポーとトして人気な植物成分を8種類配合
  • 血糖値を抑えてくれる桑の葉、菊芋
  • 抗酸化作用があるプーアル茶、グァバ茶
  • 便秘改善に期待が持てる桑葉エキス末、バナバ葉、プーアル茶
  • 肥満防止に効果が期待できるギムネマとバナバ葉
  • 利尿作用があるギムネマ
  • ビタミンCを豊富に含む柿の葉

からだ楽痩茶は、ダイエットサポートとして長年愛用されてきた8種類の植物成分を配合したお茶です。

からだ楽痩茶は様々な効果がある植物成分を配合したお茶ですが、からだ楽痩茶を飲んだだけでは、痩せることはないです。

でも、適度な運動とバランスの良い食事と併用して、からだ楽痩茶を取り入れることで効率よくダイエットができるでしょう。

からだ楽痩茶の成分をより詳しく知りたい方は、公式サイトで詳細を確認してみてくださいね!

\暴飲暴食がやめられない方へ/
からだ楽痩茶からだ楽痩茶の痩せる成分とは?8つの植物成分を徹底解説!
送料無料

rakusoucha-cta01 rakusoucha-cta01

からだ楽痩茶8包入りお試しサイズ
味:★★★★★
スッキリ感:★★★★☆
コスパ・価格:★★★★☆
香り・容器:★★★★☆
内容量:8包/28g(3.5g×8包)
価格:980円(税込・送料無料) ← 通常価格5,184円税込+送料660円
ダイエットをサポートしてくれる8種類の葉がブレンドされている

\暴飲暴食がやめられない方へ/
からだ楽痩茶rakusoucha-cta01
送料無料