ダニエルウェリントンがダサいなんて嘘でしょ?ダサいと言われる5つの理由

ダニエルウェリントンがダサいなんて嘘でしょ?ダサいと言われる5つの理由

”ダニエルウェリントン”はSNSでこぞってインフルエンサーが紹介したり、TVドラマで俳優が使用したりと、人気の高い腕時計ブランドです。

そこで気になっているのがダニエルウェリントンというのはださいという噂。

そんな噂を耳にしたら購入を躊躇ってしまうのも無理はありません。

今回はダニエルウェリントンは本当にダサいのかについて調べてみようと思います。

ダニエルウェリントンは本当にださい?ネットの口コミ

ダニエルウェリントンといえばかなり人気のみんなが付けてるというイメージですが、ダサいという噂が広まっているようです。

ネットでダサいという噂をみた人が多いのではないでしょうか。

本当にダサいという口コミがあるのかSNSを調べてみました。

すると、ダサいという口コミを見つけることができませんでした。

むしろSNSにはダニエルウェリントンを褒めるような魅力的な投稿ばかりで、ダサさはみじんも伝わってこないような素敵な投稿ばかり…。

インスタグラムに関してはハッシュタグで#ダニエルウェリントンを検索するとなんと投稿数は29.7万もの投稿が。

最新のものから、人気の記事まで目を通してみたのですがダサい等口コミを私は見つけることができませんでした。

では、どうしてダニエルウェリントンはダサいという噂が流れているのでしょうか。

ダニエルウェリントンがださいと言われる理由5つを徹底解説

  1. SNSでステマ(ステルスマーケティング)をやっているから
  2. みんながこぞって買うから
  3. 偽物を購入してる人がいるから
  4. デザインがシンプルすぎて逆にださい
  5. 作りがチープ

① SNSでステマ(ステルスマーケティング)をやっているから

ステマとは、ステルスマーケティングの略です。

隠れて、こっそりなどの意味があるステルスとマーケティングを合わせた言葉で消費者に対して宣伝や販売促進のために悟られないように行うPRのことです。

わかりやすい言葉で言うと”サクラ”や”ヤラセ販売”になります。

ダニエルウェリントンでいうとSNSを使用したステマが一時満えいし、問題になりました。

ステマの何が問題かというと、腕時計をプレゼントするという報酬の元、インフルエンサーや著名人たちが本当に良いと思っているかは別として消費者の購買意欲を高めるような内容を投稿することによって購入に繋げるという言い方を悪くしてしまえば騙すような行為になります。

そのステマがダニエルウェリントンはかなり過激だったことで問題になりました。

そのことでダニエルウェリントンのイメージダウンとなり、ダサいというレッテルがついてしまった大きなきっかけとなりました。

② みんながこぞって買うから

ステマもありかなりの知名度が上がったダニエルウェリントンはまさに猫も杓子も状態。

若い大学生から30代まで幅広い年代の人が着用しています。

一時は本当にみんながみんなダニエルウェリントンを付けているな…というイメージがあったほど。

そのため、流行りに流行っただけにダサいイメージがついてしまっているようです。

③ 偽物を購入してる人がいるから

ダニエルウェリントンの偽物が出回っているようです。

公式ホームページや代理店などで購入すればその心配はないのですが、より手頃な価格で購入したい人やこだわりがない人が偽物を購入しているようです。

そうすることによってブランドネームにも傷がつきますし、偽物が出回っていることで本物を使用している人でも偽物を使用しているのでは?とダサく取られられてしまうことがあるようです。

④ デザインがシンプルすぎて逆にださい

デザインに関してはとにかくシンプルなことが売りのダニエルウェリントン。

最近ミニマムなデザインなものが多いのので、まさにダニエルウェリントンはミニマム。

それが逆にダサいと見えてしまうようです。

ミニマムデザインが好みが好きな人もいれば、高級時計のように文字盤にいろんな多機能が搭載されているものを求めている人もいるためこのシンプルなデザインをダサいと取られる人もいるようです。

⑤ 作りがチープ

④のデザインのシンプルさも多少影響してしまっているのかもしれませんが、作りがチープに見えてしまうようです。

やはり薄型フェイスだったりもするため、高級時計のような多機能なものの厚みのある重厚感のある時計と比べてしまうとチープに見えてしまうのも無理もない気がします。

ダニエルウェリントンとは

ダニエルウェリントンとはどんなものなのでしょうか。

ダニエルウェリントンはスウェーデンの時計メーカーです。

創設は2011年と比較的新しい会社になります。

ダニエルウェリントンの特徴としてはとにかくシンプルな作りだということ。

文字盤には数字などの配列はなく、本当に最小限の見た目、そして機能ととなっているのが特徴的です。

あまりにもシンプルすぎるのではと思われるかと思いますが、このシンプルさだからこそカジュアルすぎずにエレガントなシーンの服装にもマッチすると言われています。

ここが、逆にダサいと言われてしまっている原因の一つにもなっているようです。

そしてもう一つ特徴的なのが薄型フェイスという点。

しっかり厚みにボリュームのあるフェイスだとどうしてもカジュアルになりがちです。

なのでカジュアルなシーンに合わせる場合などは少し難しくなってしまいます。

ですが、その分重厚感があり高見えする場合があるのです。

それと比較してしまった時に薄型フェイスのダニエルウェリントンはチープに見えてしまうのかもしれません。

ダニエルウェリントンの特徴としてはシンプルなデザイン、そして薄型フェイスというところになります。

それらを踏まえて良いところ悪いところについても比較してみようと思います。

ダニエルウェリントンのいいところ

ダニエルウェリントンの良いところとしては前述したシーンを問わずにどんな服装にも合わせやすいというところ。

シンプルだからこそ叶うものだと思います。

そしてベルトの付け替えが可能というところも良いところの一つ。

シンプルなフェイスにレザーやナイロンなどのベルトを付け替えることでまた違った表情を楽しむことができるのもダニエルウェリントンの良いところです。

他にも挙げられるとすれば、知名度の高い時計ブランドになってきましたので着用していてブランドの時計をしていると認知してもらえたりするところも一つかもしれません。

ダニエルウェリントンの悪いところ

ダニエルウェリントンの悪いところを挙げるとすれば、良いところとも重なりますが知名度がここ近年あまりにも高く値段も比較的手頃なため着用している人が多く誰かしたと被ってしまうというところ。

ラインやベルトなどが違うにしてもダニエルウェリントンはどのラインも一貫してシンプルデザインでフェイスには”DW”の文字のみ。

そのためどれも同じに見えてしまうという欠点があります。

悪いところとして挙げられる項目ではないかと思います。

ダニエルウェリントンをおすすめする方

良いところ、悪いところ含めてお伝えしてきた中でオススメできる人と逆にオススメしない人に分かれるなと思いましたので、ご紹介していこうと思います。

ダニエルウェリントンをオススメできる人としては、いくつか挙げられます。

まず、誰しもが知っているブランドの時計をしたいと思っている人。

良いところでもお伝えしたようにダニエルウェリントンの知名度は近年かなりの人気で知らない人の方が少ないくらいになっていると思います。

そのため、知名度の高い腕時計をお探しの人には打ってつけだと思います。

次にペアルックで使用したい人。

ダニエルウェリントンにはClassic、Iconic Link、Petitieの3つのラインがあります。

これら全てのラインがメンズ、レディースの展開となっているためカップルで付けたい人には選びやすいです。

そしてシンプルなデザインなのでもし違うラインだったとしてもあの特徴的な”DW”のフェイスが同じなのでペアルック感は強く出せると思います。

ベルトの交換も簡単で種類も豊富なので気分や服装、シーンに合わせてカップルで長く愛用できると思います。

ダニエルウェリントンをおすすめしない方

逆にオススメできない人ももちろんいます。

まず、人と被りたくない人。

これは真っ先に挙げられる項目です。

ダニエルウェリントンの良いところでもある圧倒的な知名度ですが、これは悪いところでも触れたように多くの人が愛用していることでもあります。

そうすると街に出ればあの人もあのカップルもダニエルウェリントン…という状況に遭遇してもおかしくありません。

実際私も一日のうちに何度もダニエルウェリントンを付けている人を見かけたことがあります。

そのため人と被ってしまう、個性を求める人には絶対にオススメしません。

次に挙げられるのはビジネスシーンで使用したい30代以降の男性。

どうしても知名度も高かったり、比較的手頃な価格なため大学生くらいから愛用しているような幅広い年代の人が着用しているようなイメージになってしまっています。

そのため大人な男性でカジュアルな服装に合わせるのは全く問題ないと思うのですが、ビジネスシーンに合わせるとなると若いイメージになってしまうため、こちらもオススメできないかと思います。

まとめ

今回はネットで噂になっているダニエルウェリントンがダサいという噂について調べてみました。

ダサいと言われてしまう理由は多くあるようです。

人気の高さから誰もが持っているイメージや、あまりの人気の高さのから偽物が出回ってしまっているという理由もある中で、一番は過激なステマだったようです。

素敵な商品であることは間違いないと思います。

オススメできる人もいるので、一概にダサいと否定はできないと思いますので実際に手にとってご自身の腕に合わせてみることが一番ではないかと思います。

▼ 北欧デザイン腕時計を厳選しランキング形式で紹介しています。

30,000円以下のプチプラ価格でシンプル、機能的、使いまわしが可能。

【関連】北欧デザイン腕時計プチプラ・ランキング⑤選♪シンプル、シーンを選ばない