無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類まとめ(化粧水・乳液用)

無印のスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類まとめ:化粧水・乳液用

無印良品では化粧水用のスプレーヘッド・ポンプヘッドが4種類販売中。

スプレーヘッド・ポンプヘッドを使えば、毎日のスキンケアの時短できる!

忙しい朝のスキンケア、疲れて夜寝る前のスキンケアが楽チン♪

この記事では用途に合ったスプレーヘッド・ポンプヘッドを使って、手軽にスキンケアできる方法を画像付きで紹介します。

\ポイントが貯まる!Tポイント&PayPayで6%オフ/無印良品が安い!Lohacoを見てみる¥3,300(税込)以上で配送料無料

この記事を読むとわかること:まとめ

無印良品のポンプヘッド・スプレーヘッド一覧!合う化粧水・価格・サイズ

無印のスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類
無印良品のポンプヘッド・スプレーヘッド4種類

無印良品のポンプヘッド・スプレーヘッド4種類をどれにつけるかは以下の通り。

種類税込み価格取り付け可能な化粧水・乳液タイプ概要
ポンプヘッド・コットン専用 化粧水用350円化粧水、高保湿化粧水化粧水をコットンに染み込ませるために使う。高保湿化粧水でも使える。
ポンプヘッド 化粧水・乳液用190円化粧水、高保湿化粧水、乳液化粧水、高保湿化粧水、乳液など全てのタイプに使えるプッシュで出てくるポンプヘッド。
スプレーヘッド・トリガータイプ 化粧水(霧吹き状)250円化粧水、高保湿化粧水化粧水、高保湿化粧水用のトリガータイプのスプレーヘッド。
スプレーヘッド 化粧水用(霧吹き状)150円化粧水化粧水専用のスプレーヘッド。ミスト状に出てくる。

4種類のスプレーヘッド・ポンプヘッドは200ml、400mlに使えます。

 

200mlの場合は、長さを調節するために切る必要があります。

定規やメジャーを使用して、長さに気を付けてカットしてください。

 

400mlはそのまま使えるので、切る必要はありません。

無印良品ポンプヘッド・コットン専用 化粧水用 350円

無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類まとめ:化粧水・乳液用
無印良品のポンプヘッド:コットン専用化粧水

ポンプヘッド・コットン専用 化粧水用 350円(税込み)

無印良品
¥350(2021/04/06 10:47:23)
※Amazonと楽天では取り扱いがありません

コットン専用の付け替えポンプヘッドで、拭き取り化粧水、化粧水に適しています。

コットンを天面に押し当てると化粧水が染み込ませることができます。

ふたを開け閉めする手間がなく、片手でプッシュでき、素早くスキンケアができます。

プッシュするだけでコットンに適量出せるので、とても便利です。

無印良品のポンプヘッド・コットン専用 化粧水用の使い方

無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類まとめ:化粧水・乳液用
無印ポンプヘッド・コットンのヘッド部分

私は、無印良品の拭き取り化粧水(400ml)にポンプヘッドを使用しました。

重たい400mlの大容量の化粧水ボトルを、スキンケアのたびに持ち上げる必要がなくなったので、楽になりました。

クリアケア拭き取り化粧水は直接コットンに染み込ませて使いたいので、素早く使えるようになりました。

面倒な作業をしなくてよくなり、以前より気軽に使えるようになった。よかったー!

【関連】無印良品のクリアケア拭き取り化粧水(大容量)400mlの口コミ!実際に半年以上使ってみた

無印良品のポンプヘッド・コットン専用はフタがついてるのでほこりが溜まらない

フタがついているので、天面にほこりがついたり、汚れたりすることもありません。

そのまま置いておくと天面?天板部分にほこりや汚れがたまってしまうけど、フタがついてるので、安心。

ただし、たまに「フタ、どこに置いたっけ?」と忘れてしまうことがあるので、注意が必要です(汗

無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッドの取り付け方!カットする時の注意点

無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類まとめ:化粧水・乳液用
無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッドをカットする時の注意

200mlの化粧水・乳液のボトルに取り付けるときは、ストロー部分をカットする必要があります。

 

定規やメジャーで長さを確認してから、カットしましょう。

 

ボトルの首部分から下の長さに合わせて、ストロー部分をカットしましょう。

ちなみに、400mlボトルはカットする必要はありませんが、首部分からの長さ(高さ)は約16.5cmでした。

 

 

無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッドをカットする時の注意
無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッドをカットする時の注意

ストロー部分だけの長さは約14.5cmあります。

今回紹介したスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類のストロー部分は全て同じ長さになります。

無印良品ポンプヘッド 化粧水・乳液用 190円

無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類まとめ:化粧水・乳液用
無印良品ポンプヘッド・化粧水・乳液専用ヘッド部分

ポンプヘッド 化粧水・乳液用 190円(税込み)

 

無印良品の化粧水と乳液専用のポンプヘッドで、化粧水・高保湿化粧水・乳液に使えます。

化粧水や乳液のボトルに取り付けて、ワンプッシュで手のひらに取ったり、コットンに染み込ませたりして使います。

 

置いたまま、ボトルを持ち上げずに使えるので、大容量のボトル400mlを使っている時はとても便利。

ノズルは若干短いので、押し出す時に垂れてしまうのに注意しましょう。

無印良品のポンプヘッド・化粧水用を実際に取り付けてみた

無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類まとめ:化粧水・乳液用
無印良品ポンプヘッド装着後

私は無印良品の導入化粧液(400ml)に取り付けました。

導入化粧液は、さらさらの液体で粘度が全くありません。

【関連】 無印良品の導入化粧水(大容量)400mlで肌がワントーン明るくなった!

無印良品のポンプヘッド・化粧水用を無印オーガニック化粧液に取り付けてみた

無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類まとめ:化粧水・乳液用
無印良品ポンプヘッド・化粧水・乳液専用つけてみた

無印良品のオーガニック化粧液にもつけてみましたが、快適に使えています。

無印良品のオーガニック化粧液は粘度がない高保湿化粧水です。

【関連】【廃盤】無印良品、オーガニックシリーズがおすすめ!天然うるおい成分の8 種のオーガニック植物エキスを配合

無印良品スプレーヘッド・トリガータイプ 化粧水 250円(霧吹き状)

無印良品スプレーヘッド・トリガータイプ 化粧水 250円
無印良品スプレーヘッド・トリガータイプ 化粧水 250円

スプレーヘッド・トリガータイプ 化粧水 250円(税込み)

MUJI 無印良品
¥250(2021/04/06 10:47:23)
※Amazonや楽天では取り扱いがありません

トリガータイプはふわっと均一に吹き付けられるので、粘度の無い化粧水がおすすめ。

化粧水のボトル用のヘッドで、ミスト(霧吹き状)が細かい霧状になり、幅広く拡散します。

ヘッド部の中心にあるロックを90度まわして外します。

化粧水でも保湿性が高いものはミストになりにくいので、ポンプヘッドを使いましょう。

無印良品スプレーヘッド 化粧水用150円(霧吹き状)

無印良品スプレーヘッド 化粧水用150円
無印良品スプレーヘッド 化粧水用150円(キャップ付き)

スプレーヘッド 化粧水用150円(税込み)

無印良品の化粧水専用のスプレーヘッドで、化粧水のボトルに取り付け、ミスト状(霧吹き状)にして使えるようになります。

保湿性の高いタイプの化粧水には粘度が高いので、霧状にはなりません。

高保湿の化粧水に取り付けると、水鉄砲のように勢いよく出てきたりするので注意が必要です。

でも粘度がない高保湿化粧水の無印良品のオーガニック化粧液に付けてみましたが、無事使えています。

 

無印良品スプレーヘッド 化粧水用150円
無印良品スプレーヘッドはキャップ付きなので、埃がたまりません

無印良品スプレーヘッドはキャップ付きで、埃が溜まったりしないので衛生的です。

キャップをどこかに置き忘れてしまったりするので、注意が必要です(苦笑

無印良品のスプレーヘッド・ポンプヘッド4種類のまとめ

無印良品の化粧水・乳液に使える4タイプのスプレーヘッド・ポンプヘッドを紹介しました。

種類取り付け可能な化粧水・乳液タイプ概要
ポンプヘッド・コットン専用 化粧水用

化粧水、高保湿化粧水化粧水をコットンに染み込ませるために使う。高保湿化粧水でも使える。
ポンプヘッド 化粧水・乳液用

化粧水、高保湿化粧水、乳液化粧水、高保湿化粧水、乳液など全てのタイプに使えるプッシュで出てくるポンプヘッド。
スプレーヘッド・トリガータイプ 化粧水

化粧水、高保湿化粧水化粧水、高保湿化粧水用のトリガータイプのスプレーヘッド。
スプレーヘッド 化粧水用

化粧水化粧水専用のスプレーヘッド。ミスト状に出てくる。

用途に合ったスプレーヘッド・ポンプヘッドを使って、毎日のスキンケアを少しでも楽にしましょう!

\ポイントが貯まる!Tポイント&PayPayで6%オフ/無印良品が安い!Lohacoを見てみる¥3,300(税込)以上で配送料無料

▼無印良品のスキンケアランキング▼

【関連】無印良品人気のスキンケアランキング6選!実際に使った感想をアラフォーママが実況


【関連記事】無添加スキンケア

無添加スキンケアランキング⑫選!成分の選び方やおすすめの人・注意点

【関連記事】その他スキンケア・美容