ベビーローションとベビーオイルの違いとは?正しい知識で赤ちゃんの肌を乾燥から守る!

ベビーローションとベビーオイルの違いとは?正しい知識で赤ちゃんの肌を乾燥から守る!

この記事ではベビーローションとベビーオイルの違いについて徹底解説しています。

ベビーローションとベビーオイルの違いはズバリ、油分量と水分量の配合バランスです!

ベビーローションはサラリとした質感であまり肌が乾燥していない方に、ベビーオイルはしっとり保湿したい、乾燥肌の方におすすめです。

さらにベビーローションとベビーオイルの選び方やそれぞれベビーローションとベビーオイルをおすすめする方・おすすめしない方を紹介しています。

ベビーローションとベビーオイルの違いとは?

ベビーローションとベビーオイルの違いは、それぞれ油分量と水分量の配合が異なっています。

ローションは水分が油分よりも多く配合されており、オイルは油分が水分よりも多く配合されています。

この配合量の違いによってそれぞれ肌にもたらす影響・働きが変わり、肌質や季節によって使い分けることが可能です。

ちなみにクリームは水分と油分が均等に配合されています。

ベビーローションとは?

ベビーローションは大人のスキンケアでいうと化粧水のような働きをするアイテムです。

水分をたっぷりと含んでいるため、肌なじみがよく、潤ったすべすべの肌へと導きます。

ベビーオイルと比べると比較的べたつきにくく、使いやすいでしょう。

ベビーローションの選び方

保湿力を重視するならとろみがあるものをベビーローションと一言に言ってもさまざまな種類があり、テクスチャーもそれぞれ異なります。

中でもとろみのある乳白色のタイプが高保湿で乾燥肌の方にはおすすめです。

肌荒れが気になるなら成分をチェックしましょう。

肌荒れが気になるときは有効成分が入っている医薬部外品を選ぶと良いでしょう。

特に、アラントイン・グリチルリチン酸ジカリウムといった成分が含まれているものを選ぶことをおすすめします。

ベビーローションの使い方

ベビーローションは、着替えやお風呂上がりのタイミングで体や足など乾燥が気になるところに塗っていきます。

毎日習慣づけることで肌の潤いが保たれるため、荒れにくく柔らかい肌へと導いてくれます。

塗った後にベタつきが気になるならベビーパウダー、乾燥が気になるならベビーオイルを重ねて塗っても良いでしょう。

ベビーローションのメリット・デメリット

メリット

  1. 肌馴染みが良い
  2. 重ね塗りしても重くならない

デメリット

  1. 水分が蒸発しやすい
  2. 乾燥肌には向かない

ベビーローションは、水分量が多く肌馴染みが良いことが特徴です。

何度塗っても軽くつけられるので、重たくならずに使用できます。

しかし反対に、水分が蒸発しやすくすぐに乾燥してしまうのがデメリットです。

乾燥しやすい人は肌にふたをするためにクリームやオイルを重ねても良いでしょう。

ベビーローションをおすすめする方・おすすめしない方

 

○ おすすめする方

  • ベタつくのが苦手な方
  • 乾燥肌の予防をしていきたい方

 

✕ おすすめしない方

  • かなり肌が乾燥している方

 

ローションタイプはベタつきにくくみずみずしく潤ってくれるので、オイルタイプよりも使いやすいです。

しかしひどく肌が乾燥している方は物足りないかもしれません。

ベビーオイルとは?

ベビーオイルはローションと同じように肌の乾燥を防ぎます。

ただオイルの方が肌の表面に膜を張るようなテクスチャーです。

そのため、ローションよりもベタつきを感じやすく、しっかりと保湿をしてくれます。

ベビーオイルの選び方!成分・保湿力で選ぶ

ベビーオイルを好みのテクスチャーや肌の悩みによって使い分けるためには成分表金を確認すると良いでしょう。

さらさらとしたテクスチャーで使用したい方は、ミネラルオイルやホホバオイルなどが配合されているベビーオイルがおすすめです。

反対に保湿力を重視する際は、アーモンドオイルやオリーブオイル、セラミドが配合されたものをおすすめします。

また、肌荒れなどを予防したい方はグリチルレチン酸ステアリルが配合されたものがおすすめです。

ベビーオイルの使い方

ベビーオイルは肌の水分が蒸発するのを防ぐためのアイテムです。

そのため、ベビーローションで肌に潤いを与えた後にベビーオイルを重ねてぬるようにしましょう。

ベビーオイルのメリット・デメリット

メリット

  1. しっかりと保湿ができる
  2. 髪にも使える

デメリット

  1. 日焼けに注意
  2. ベタつきやすい

ベビーオイルは保湿力があり、乾燥肌の方におすすめのアイテムですが、肌に吸収されないので塗った後にベタつきやすいのがデメリットと言えます。

また、ベビーオイルを塗った後に外出すると日焼けがしやすい状況になってしまいます。

ベビーオイルを塗ったあとは紫外線対策をしっかりと行うようにしましょう。

ベビーオイルをおすすめする方・おすすめしない方

 

○ おすすめする方

  • かなりの乾燥肌でベビーローションだけでは物足りない方
  • 夜の保湿ケアをしっかりと行いたい方

 

✕ おすすめしない方

  • ベタつきが苦手な方
  • 脂性肌の方

 

ベビーオイルは肌が乾燥している方でもしっかり潤いを感じていただけます。

寝ている間に肌が乾燥してしまうという方も満足していただけるほど、保湿力が高いです。

そのため、脂性肌の方にはおすすめできません。

肌がベタつきやすくなり新たな肌トラブルの原因となる可能性があるため、塗り広げる量を少なくするなど、使用する際は工夫してみると良いでしょう。

ベビーローションとベビーオイルの違いのまとめ

【 この記事のまとめ 】

  • ベビーローションは少し保湿が足りない方向け
  • ベビーローションは軽いつけ心地でサラリとした感触
  • ベビーオイルは乾燥肌の方向け
  • ベビーオイルはしっとりした心地でベタッとした感触

ベビーローションとベビーオイルはそれぞれテクスチャーや保湿力が異なります。

脂性肌・混合肌でサラリとしたテクスチャーが好みの方はベビーローションがおすすめです。

また逆に、乾燥肌でしっとりしたテクスチャーが好みの方はベビーオイルがおすすめです。

【関連】赤ちゃん・子供用おすすめ化粧水(ベビーローション)ランキング④選!