ブリアン歯磨き粉の効果とは?子供が使っても安心安全・目指せ虫歯ゼロ!

NO IMAGE

皆さんのお子さんは歯磨きを嫌がったりすることはないでしょうか?

ほとんどのお子さんが一度は歯磨きを嫌がるという経験をされたことがあるのではないでしょうか。小さいお子さんだと尚更だと思います。

また、小さなお子さんの歯磨きでの悩みといえばどんな歯磨き粉を使ったら良いのか悩んでいるお母さん、お父さんもたくさんいうのではないでしょうか。

歯磨き粉は食品以外の直接お口の中に入れて使うものです。特に小さいお子さんでうがいが上手にできないという場合、体内に取り入れてしまうこともあります。

そうするとどんな成分が使われているのか、体に害はないのかなど気にされると思います。少しでも安全なものを選びたい、嫌がる歯磨きを好きになってもらいたいでももちろんしっかり効果がある歯磨き粉を使いたいと思うご両親にオススメしたいのがブリアンです。

今回はブリアンとはどんな歯磨き粉なのか、効果はあるのかなどご紹介していこうと思います。

ブリアンってどんなもの?

まずはブリアンがどんなものなのかを見ていきたいと思います。

ブリアンとは、歯磨きが嫌い、虫歯の悩みがある、口臭が気になるというお子さん向けに作られた0歳から使うことのできる子ども用歯磨き粉です。

ブリアンにはお口と歯に良い効果をもたらしてくれるブリス菌というものが配合されています。

ブリス菌とは、ニュージーランドのある大学の教授によって発見された人間の口腔内で発見さえた史上初のお口の中の善玉菌なのです。

このブリス菌は善玉菌なのでお口と歯に良い効果が期待できるのですが、このブリス菌を持つお子さんはなんと1.8%しかいないと言われています。
それだけ貴重な菌なのです。

ブリアンはそのブリス菌の中でも”ブリスM18”を採用しています。

ブリスM18は非常に小さい粒子で、歯と歯の間や歯ブラシが届きにくい奥歯の方、歯と歯茎の境目などにも届いてくれることで歯垢を取り除いて虫歯予防に効果があると言われています。

また、このブリス菌は他の菌と違うところがお口の中に長く留まることができるという点です。

他の細菌というのは、ほとんどがお口の中に留まることができず、そのまま胃の中に落ちてしまうのです。

良い効果をもたらしてくれるブリス菌はしっかりとお口の中に留まって良い効果を期待することができます。

お口の中の菌というのは、基本的に変化することはないと言われています。

そのため良い菌を定着させるのも難しいと言われています。

ですが、このブリス菌を配合しているブリアンを使用し続けることでブリス菌がしっかりお口の中に留まってくれるため、摂取し続けると口腔環境を整えてくれると言われています。

ブリアンはお口の中から発見されたブリス菌という善玉菌に着目して作られた歯磨き粉だということがわかっていただけたかと思います。

ブリス菌が良い作用をしてくれるだけでどうして虫歯予防の効果があるのか、また、どうして歯磨き嫌いの子が嫌がらずに歯磨きをしてくれるようになる方法を紹介していきます。

ブリアンの効果

まずブリアンの効果としては、前述したブリスM18が歯ブラシの毛先が届きにくい所まで行き渡ってくれることで歯垢を落としてくれるということをお伝えしました。

ブリアンの効果はそれだけなのでしょうか。

一般的な歯磨き粉に含有されている虫歯予防に効果的な成分といえば、フッ素が思い浮かぶ人が多いのではないと思います。

フッ素は歯磨き粉を始め、歯科医院での定期的な塗布や今や学校でも使用されることのあるもので、歯の質を強くしてくれたり、自浄作用を促してくれる唾液の分泌を助けたり、虫歯になりかけた状態である脱灰という状態を元に戻そうとする再石灰化という働きを活発にしてくれることで虫歯予防に効果があるとされています。

ですが、フッ素は過剰摂取を防ぐために使い方や頻度を守る必要があり、歯科医の先生でもオススメしないという先生やネットでの記事を見かけた人もいらっしゃるのではないでしょうか。

基本的に歯磨き粉に配合されている程度のフッ素量であればうがいが上手にできない年齢のお子さんでも過剰摂取してしまう心配はそうないかとは思いますが、やはり多少は体内に入ってしまうと思います。

やはり、フッ素の良いところだけでなく悪いところを知ってしまうとなるべく使いたくないな、フッ素を使わなくても虫歯予防ができないかなと思っている人も少なくないはずです。

ブリアンにはフッ素が一切含有されていません。

それでもブリアンに虫歯予防効果があるのは、先述したようにブリスM18が歯ブラシの毛先の届かない場所の歯垢を取り除いてくれるというところと、継続して使用していくことでブリス菌がお口の中に定着してくれることで口腔内環境から改善することで虫歯予防に効果があるのです。

ブリアンのいいところ

ここまで説明してきたようにブリアンは口腔内の環境自体を変えることで虫歯予防をしてくれる歯磨き粉です。

ですが、それのどこに歯磨きを嫌がるお子さんに効果があるの?と思った人も多いはず。

これから虫歯予防効果以外にもあるブリアンの良いところをご紹介していこうと思います。

お子さんが喜ぶいちご味

ブリアンはお子さんが大好きな味、甘くて美味しいいちご味を採用しています。

他の歯磨き粉でもいちご味などはたくさん販売されているかと思いますが、フッ素は元々の味が少し酸っぱいためフッ素配合の歯磨き粉だと特有の味が残っているものなどもある中、こちらのブリアンはフッ素無配合なため本当に甘くて美味しい味がするのです。

そのため歯磨きを嫌がるお子さんも美味しい味につられて歯磨きを好きになってくれること間違いなしです。

安心の国内生産

ブリアンはGMP認証という厳しい品質基準をクリアし国内工場で徹底した品質管理の下、作られています。

お子さんお口の中に直接使用する歯磨き粉だからこその高品質、安心の国内での生産で丁寧に作り上げています。

100%食品成分、こだわりの無添加

歯磨き粉は毎日お口の中に直接使うものなのでブリアンは配合成分にもかなりこだわって作られています。

上手にうがいのできないお子さんや誤って飲み込んでしまった場合も考慮して食品成分100%で作られています。

そして一般的な歯磨き粉に使用されている15種類の添加物を無配合にすることにもこだわっており、発泡剤や研磨剤を始めとした保存料や界面活性剤やグリセリンなどを無配合にすることで安心安全に使用してもらえるようになっています。

このようにブリアンは他の歯磨き粉と比較してみても味・成分・国内生産にこだわっておりどなたにも安心して使ってもらえることように作ってあります。

ブリアンのちょっと悪いところ

では逆にブリアンの悪いところはあるのでしょうか。

実際に使用したことのある人などの口コミを元に調べてみました。

パウダータイプのため慣れるまで使いにくい

ブリアンは歯磨き粉では珍しいパウダータイプです。

そのため、慣れるまでは少し使いにくいという口コミがありました。

ですが、このパウダータイプというところにもブリアンならではのこだわりがあるのです。

先述したようにブリアンには保存料や防腐剤などの化学薬品が一切配合されていません。

一般的なジェルタイプやペーストタイプの歯磨き粉だと水分を加えて練ってあるため製品が腐ってしまわないようにどうしても保存料や化学薬品の使用が必要になってしまうのです。

ジェルタイプやペーストタイプは手軽で使い勝手も良いのですが、ブリアンは無添加にこだわるためにパウダータイプを採用しているのです。

お値段が高め

ドラッグストアなどで購入できる一般的な歯磨き粉は安いものであれば数百円から購入でき、歯科医院などで取り扱っている高濃度フッ素配合の歯磨き粉なども千円代で購入できるかと思います。

ブリアンはそれに比べると少しお高めで1ヶ月分で8580円と少々お高めです。

継続するとなるとさらにお財布にもかなりの痛手に感じる値段かもしれません。

ですが、先述したようなこだわりがある点、お子さんに安心安全な歯磨き粉を使いたいという人には本当にオススメできると思います。

公式ホームページでの購入であれば定期コースでのご注文で初回分が77%オフの1980円で購入でき、可愛い特典がつきます。

オリジナルの歯ブラシや歯磨きチェックシール、歯磨き応援絵本など歯磨き嫌いな子でも楽しくできるようなグッズがもらえるようです。

また、60日返金保証もついているのでまずはお試しに購入してみても良いのではないでしょうか。

ブリアンの使い方

ここまでブリアンについてご紹介してきました。

これだけオススメポイントがあると一度使ってみたいと思ってくださった人もいるのではないでしょうか。

でも、パウダータイプの歯磨き粉なんて使ったことがない…どうやって使うんだろうと思った人も多いのではないかと思います。

ブリアンの使い方もしっかりお伝えしていこうと思います。

① ブリアンをお皿や手のひらに出す

ブリアンはパウダータイプなので、歯ブラシに直接ふりかけるのではなく一度パウダーを出します。

② 歯ブラシの毛先を少し、水で濡らす

ブリアンはパウダータイプなので乾いた毛先には十分についてくれないので一度軽く濡らす必要があります。

一般的な歯磨き粉は歯磨き粉をつけるとき歯ブラシは濡らしてはいけないなんて話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、それはフッ素が薄くなってしまうからです。

ブリアンはフッ素が配合されていないのでお水で濡らしても問題ありません。

③ 歯ブラシにブリアンをつける

お水で濡らした歯ブラシの毛先に①で用意したブリアンをチョンチョンと付着させてください。

④ 2〜3分しっかり磨く

あとは普段の歯磨き同様2〜3分時間をかけてしっかり磨くだけです。

このときにお皿や手のひらに出したブリアンは何度も付け直して大丈夫です。

なので最後まで美味しいいちご味を堪能しながら楽しく歯磨きをすることができます。

⑤ 溜まった唾液を吐き出す

しっかり歯磨きができたら溜まった唾液だけを吐き出してうがいはしなくて大丈夫です。

一般的な歯磨き粉だと研磨剤や他の添加物なども配合されているためうがいをする、でもフッ素が薄まってしまうから軽く1回だけなんていう少し矛盾した理由でうがいをする必要がありましたが、ブリアンは食品成分100%&無添加のためうがいの必要はありません!

美味しいお口のままで歯ブラシを終わりにできます。

お子さんは美味しいというイメージで終えることができることで歯ブラシに良いイメージを持ってくれると思います。

また、寝てしまったお子さんの歯ブラシをしたいけど寝ているからうがいができないからそのまま寝かせてしまっている…なんていう人にもブリアンはうがいの必要がないのでとてもオススメです。

ブリアン歯磨き粉の効果のまとめ

今回はブリアンのこだわりや良いところ、使用方法などご紹介してきました。

お子さんをお持ちの方は一度は悩んだことのある歯磨き問題。

歯磨きを嫌がってしまう、どんな歯磨き粉を使ったら良いのか迷っているというお母さんお父さんには是非一度お試しいただきたい歯磨き粉だと思います。

お子さん自ら喜んで歯磨きをしてくれるようになる、泣き喚いているところを押さえつけて仕上げ磨きをするなんてことから解放されて親子で楽しく歯磨きができるようになる近道として是非ブリアンを使ってみてはいかがでしょうか。

 

ホワイトニング歯磨き粉の口コミランキング!