パールホワイトは効果ない?試してみる価値あり!

NO IMAGE

皆さんは一度でも歯を白くしたいと思ったことはありませんか。

マスク生活の中でも口元のみる機械のある芸能人はみんな歯が白く輝いており、そのあと鏡で自分の歯を見ると黄ばんで見える…あんな白い歯を手に入れられたらなと思う人も多いはず。

でもホワイトニングって高いイメージ、簡単に白くしたいという人は手ごろなホワイトニング用歯磨き粉を試してみたことのある人もいるのではないでしょうか。

そんなホワイトニング用歯磨き粉として販売されているパールホワイトについて口コミや効果がしっかりあるのかなどを調べてみました。

どうして歯磨き粉で歯が白くなるの?

そもそもどうしてホワイトニング用歯磨き粉で歯が白くなるのでしょうか。

一般的な歯磨き粉では白くならないのでしょうか。

まず、歯科医院で行うホワイトニングというのは歯の脱色行為です。

歯の色は表面の白いエナメル質の下に存在する象牙質という黄色い部分の色が透けることで黄ばんで見えてしまうため、その象牙質の色をホワイトニング剤を使って脱色するというものがホワイトニングです。

ホワイトニング用歯磨き粉を使用しても象牙質の脱色は不可能です。

ではどうして白くなるのか気になりますよね。

歯磨き粉を使用したホワイトニングとは歯科医院で行うホワイトニングとは白くなる部分が異なります。

先述したように歯科医院では象牙質の色の脱色で歯を白くして歯自体の色を白くします。

歯磨き粉で白くできるのはあくまでも歯の表面に付着した汚れを落とすことで白く見えるように本来の歯の白さに戻してくれるというものです。

歯の表面についた汚れを落とすなんて普通の歯磨き粉と変わらないと思った人もいるかと思うのですが、落とせる汚れが少し違うのです。

歯の表面には先ほど少し触れたエナメル質という白い部分があり、その表面に茶渋やタバコのヤニなどの汚れがステインと言って着色汚れが付着することがあります。その着色が付着してしまうと歯は黄ばんで見えてしまいます。

磨き残しとは違って湯呑みについた茶渋がなかなか落ちないのと同じで歯ブラシなどでは簡単に落とすことができないのです。

そのため一般的な歯磨き粉を使っただけでは歯を白くすることは難しく、ホワイトニング用の歯磨き粉を使用することで歯の本来の白さに戻してくれるのです。

なので、歯磨き粉を使用したホワイトニングというのは一般的な歯科医院でのホワイトニングのように歯の脱色をして歯の自体の色を白くするのではなく、歯の表面に付着した汚れを落とすことで自身の持つ本来の歯の白さに戻してくれることで歯が白くなるのです。

パールホワイトって効果ない?

歯磨き粉で歯が白くなる理由をわかっていただけたところで今回ご紹介するパールホワイトという歯磨き粉についてもちゃんと効果があるのか心配になる人、調べてみたら効果がないなんていうワードを見かけたなんて人もいるかもしれないので効果がないのか調べてみました。

結果からお伝えするとやはり感じ方には個人差があるのでもちろん効果ないと感じている人もいました。

そしてもちろん効果をしっかり実感できている人もいました。

この効果の差が出ている理由としては、先述したように歯自体の色を白くするわけではないので、パールホワイトを使用する前の歯の表面の汚れ度合いの差や、元々の本来の歯の色の差があると思います。

着色汚れがほとんどない人が使用してみても歯の色自体を白くするわけではないので、それはやはり効果を感じにくいです。

逆に着色汚れがたくさん付着していてパールホワイトを使用してみたことで本来の歯の白さに戻っただけでもギャップが生じることで効果をしっかり実感できる人もいます。

ですので、歯の表面の汚れの度合い・元々のその人の持つ本来の歯の白さの度合いによっても効果の差がどうしても生じてしまうために効果がないという口コミも存在してしまうのだと思います。

パールホワイトの成分

では、歯の表面に着色汚れが落ちにくいのにパールホワイトはしっかり落としてくれる理由を見つけるためにパールホワイトの成分をみてみようと思います。

成分をみてみると一般的な歯磨き粉にも含まれているソルビットやグリセリン、虫歯予防にも効果のあるキシリトールなどを始めとしてホワイトニング効果を発揮してくれるポリリン酸ナトリウムなどが配合されていることがわかりました。

ポリリン酸ナトリウムは有効成分として配合されるもので、先述したタバコや茶渋などの着色汚れを落としてくれて、新たな着色汚れや歯石などの付着・沈着を防いでくれます。

着色汚れを落としながら歯の表面をコーティングするような役割を担ってくれます。

また、ホワイトニングに効果的な成分として薬用成分であるイソプロメチルフェノールという成分が含まれています。

こちらは虫歯と並ぶ口腔内疾患のひとつである歯周病に効果的な成分で、健康的な歯茎に導くことで歯茎まで明るいピンク色にしてくれます。

歯茎が明るいピンク色だと歯も白くきれいに見えます。

歯茎の健康はもちろん汚れの付着も防いでくれる成分です。

パールホワイトのいいところ

成分をみてみてもしっかりホワイトニング効果が得られるものが配合されているなということがわかっていただけたかと思います。

ホワイトニング効果以外にもパールホワイトの良いところはどんなところがあるでしょうか。

まず、成分にハイドロキシアパタイトが配合されていることで歯を強くしてくれます。

歯を強くするというとフッ素という成分を真っ先に思いつく人も多いかと思いますが、こちらのハイドロキシアパタイトという成分は歯と骨の主成分であり、修復能力に優れています。

つまり虫歯になりかけた歯の表面を元に戻してくれる再石灰化を促し助けてくれる効果があります。

また、前の項目でも少し触れたキシリトールはガムや飴などにも含まれている人工甘味料でありながら、虫歯の元となる酸の生成を防いでくれる効果があります。

そして唾液の分泌を増やしてくれることで唾液中のカルシウムとリンがエナメル質と結合することで再石灰化が活発になり、歯自体の質を強くしれくれる効果があるのです。

なので、歯磨き粉としてももちろん優秀でしっかり歯を守ってくれます。

そしてもう一点いいところとしてはパールホワイトはシリーズでパールホワイトプロEXプラスという商品があり、そちらと併用することでさらに高いホワイトニング効果を得られるというところが良いところになります。

是非ライン使いで白い歯を手に入れてみてください。

パールホワイトを使ってみた人の口コミ

ここまでパールホワイトの成分、いいところをご紹介してきました。

先述したように元の歯の色、歯の表面の汚れ度合いによってどうしても効果の実感の違いというのはお伝えしましたが、実際に使用した人の口コミはどうなのでしょうか。

噂通り効果を実感できない人の方が多いのでしょうか。

いくつかのサイトの口コミをみてみましたが、もちろん低い評価もありましたが高い評価の方が多く見つけることができました。

良い口コミをみてみるとホワイトニング効果をしっかり実感できているようでした。

中には今まで同じようなホワイトニング用歯磨き粉を使っても効果を実感できなかったけれどパールホワイトでは効果を実感できたという口コミがいくつもありました。

そしてホワイトニング効果だけではなく、歯磨き粉としての使用感に対しても満足感も感じられているような口コミも多くありました。

逆に効果が実感できなかった人の口コミももちろん多数ありました。

ですが、悪い口コミをみてみるといくつか共通点がありました。

それは今まで他のホワイトニング用歯磨き粉を使用しても効果を実感できなかった人、そして短期間しか使用していないのに効果を得られないから低評価という人。

まず他のホワイトニング用歯磨き粉でもパールホワイトでも効果を得られないという人は何度もお伝えしているように元々歯の表面に汚れがついてない人、歯の色が黄色っぽい人はホワイトニング用歯磨き粉ではホワイトニング効果の実感は難しいです。

そして数日しか使用していないのに効果が実感できないという人ももう少し経過をみてもらうと効果を実感できる人も出てくると思います。

着色汚れは歯ブラシでは落ちにくい頑固な汚れです。

着色汚れの度合いによっては数日では落ちないのです。中には5日使ったけど効果がないなんていう口コミがありましたが、歯科医院で処方される薬剤を使用して自宅でホワイトニングを行うホームホワイトニングも2週間毎日使用して効果が実感できるほどなので、歯磨き粉を使ったホワイトニングも最低でも2週間は使用する必要があると思います。

そのため、効果を実感できないという口コミは元々の歯の状態、使用した期間も大きく影響していると思います。

まとめ

パールホワイトについてお伝えしてきました。

パールホワイトは元の歯の状態によってはある程度の期間しっかり使用してもらえれば効果を実感できる歯磨き粉だと思います。

そして同じシリーズから出ているパールホワイトプロEXプラスとライン使いすることでさらに効果は実感できると思います。

そして使用し続けてもらうことで新たな着色汚れを防いでくれてずっと白い歯を保ってくれます。

パールホワイトで虫歯や歯周病も防ぎながら白い歯を手に入れてみてください。

【関連】パールホワイトで効果が出る期間はどれくらい?実際に使ってみた

 

ホワイトニング歯磨き粉の口コミランキング!